古銭の最適な保存方法について!

実は身近な所にもある!古銭について考える

コレクターアイテムとしても有名な古銭。今はもう製造されていない昔の紙幣や貨幣、何らかの大きなイベントが開催された時に記念硬貨として作られたもののことを指しますが、場合によってはとんでもない高値で取引されている古銭もあります。実際に、過去には1枚800万円以上の高値で取引されたものもありました。 家の奥深くに眠っている可能性もあるこの古銭、いざ発見された時にまず考えるべきことは「保存」です。空気に触れたりちょっとでも汚れたりしてしまうと、あっという間にその価値が下がってしまう恐れがあるからです。少しでも損をせず、ある程度希望通りの値段で取引したいと考えるとき、具体的にどのような保存方法があるのでしょうか、以下に見ていきましょう。

しっかり保存して納得いく古銭の取引を!

古銭の保存を考えるとき、まず考慮に入れておきたいのがその材質です。特に銀や銅でできているものは錆びつく恐れがあるので、早めの対処が必要となります。 一番効果的な方法は、空気に触れさせないよう「密封状態」にしておくことです。単純にビニール袋などに入れてコインケースの中に閉まっておくのも良いでしょうし、密閉容器の中に使い捨てカイロを入れておくのも一考です。カイロが酸素と反応し、容器の中が無酸素状態になるのです。また近年では、古銭の保存用カプセルも販売されています。専用のものですから、当然性能も優れたものとなっています。そのような状態にした古銭を、さらに湿気が少なく乾燥している場所に置いておけばベストな状態となるでしょう。