お札と硬貨の価値の違いってあるの?

価値の違いはあります

お札と硬貨では、その形状が違うので当然価値の違いも生じてきます。今では硬貨でお馴染みの100円玉も昔は紙幣でしたし、むしろ紙幣の方が一般的でした。硬貨を製造するには材料となる金属が必要でしたが、昔は自由に確保できる状況ではなかったのです。 ただ、紙幣にしても硬貨にしても価値を定める大まかな基準はさほど変わりません。状態が綺麗で、希少性が高ければ高いほど高値がつきやすくなります。希少性が高いとは、短い期間で製造が終わってしまったものです。例えば近年で言うと昭和64年がすぐに終わってしまいましたが、昭和64年に製造された紙幣や硬貨は総数が少ないのでプレミア扱いです。古銭も同じで、ありきたりで総数の多いものはそれほど価値が上がりません。

綺麗な紙幣はチャンス

古銭を売る時により高く売りたいと感じている場合は、まず綺麗な紙幣を探し出したいです。紙幣と硬貨では、紙幣の方が断然傷みやすく、折り目がたくさん入っていたり変色するなどしてしまいます。これは経年劣化なので使っているうちは避けることができません。ただ、一回も使うことなく保管している場合は折り目などがつかないので良い状態になっています。経年している以上多少の変色などは否めないかもしれませんが、使っていなければ断然綺麗です。 もし未使用の綺麗な紙幣を売った時に10万円で買い取っていただけるとしたら、使用済みの紙幣は1万円程度でしか売れません。これだけの差があるということを認識すると共に、硬貨も最低限錆は防ぐように保管しなければいけません。